ホーム » 骨盤矯正が必要な場合やメリットの紹介

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし

    骨盤矯正が必要な場合やメリットの紹介

    骨盤とは全身の中心にあり、上は背骨、下は股関節と続いており、全身を支える土台の役割を担っています。その為、骨盤がずれると全身の歪みに繋がります。子宮や腸などの内臓を包み込む形をしており、また骨盤の内側には生殖器があり、生理や出産も骨盤と深い関係があることもよくわかると思います。その骨盤がずれたままの状態で放っていると、内臓や生殖器が直接影響を受け、便秘や下痢、血行不良、冷え性、生理不順などを引き起こします。ここが痛いなど明確なトラブルではなくても全身の倦怠感や免疫力の低下、そういったことも含めて、骨盤矯正によって体の調子全体が整っていきます。特に出産の後は一度骨盤が開ききったあとに、半年ほど掛けて少しずつ閉じて戻っていくのですが、新生児との生活において歪みやすい体勢を取ることや睡眠不足が増え、そのまま歪んでしまうということが多いのです。

    骨盤矯正とはどんなことなのか説明します。

    骨盤矯正とは具体的に何をするのでしょうか。ポキポキと骨を痛めつけられそうなどのイメージもある方も多いと思います。骨盤矯正とは腰椎の傾きを矯正し、産後で開いた骨盤の位置を正しい位置に戻していく施術となります。分かりやすくいうと、産後で開いてしまったガタガタに歪んだ骨盤を整える作業です。骨をポキポキ鳴らすような痛い施術をするのは、かえって体を痛めてしまうので、そのような整体院は少なく、気持ちの良いくらいの力で骨の部分を押して整えるというのが実際の施術です。では、どれくらいこの施術を受けるのかというと、一回施術を受けてその時は正しい位置に戻った骨盤が日々の姿勢や習慣によって、再び歪むのは時間の問題です。その為、数回に渡って正しい位置に骨盤を戻してもらい、その位置を記憶させる必要があります。また日々の生活習慣を意識的に改める必要があります。

    骨盤が歪んでしまう理由と骨盤矯正が必要な現代の人々

    産後は周知のとおり、出産の際に一度骨盤が開き、ぐらついている状態で授乳に抱っこと無理な姿勢を続けることが増えます。それ以外でも産後でなくとも、男性も含めて、不自然な体勢を取ると骨盤はずれていきます。例えば、カバンを同じ方の肩ばかりに掛けていること、片足に重心をおく癖、長く椅子に座るデスクワーク、床に座る際のあぐらをかく、もしくはいわゆるお姉さん座り、横向き寝など挙げればキリがありません。更に運動不足による筋力の低下、加齢、ストレス。これは現代人とはきってもきれない関係にあります。正しい姿勢で過ごし、適度な運動、特によく歩き、更によく寝がえりを打って寝る。これで、本来ならば一日の疲れはリセットされ骨盤は正しい位置がキープされます。しかし、その意識向上と自分では難しい骨盤矯正を施術院にて手助けをしてもらうことが必要なのです。